男の離婚準備

【男性の離婚準備】離婚時に養育費を払わない方法

離婚準備に入った段階で、妻が夫の子どもを妊娠しているなどのことがあって、
夫に世間で一般常識とされている程度の収入があったなら、夫は養育費を払わないというようなことは出来ません。

 

また、妻が子どもの親権を得たとしたら、妻に子どもの養育費を渡すことは、夫の義務になりますが、
もしも夫が親権を得たとしたら、夫が育てるのですから妻に渡す必要はありませんし、妻に相当な収入があったら、逆に妻が夫に渡す義務が生じます。

 

養育費は、妻や夫のための生活費ではなく、夫婦である二人の間に生まれた子どもが成人するまでの間に受け取るべき権利なので、
夫もしくは妻にそれなりの収入があれば、収入なりの費用は負担すべきであり、それを支払わないということは、両親のどちらにもして良いという権利はありません。

 

離婚準備に入ると、十分な収入があっても、夫婦である男女ともに相手に生活費などのお金を、渡したくないという心理が働きがちです。
そして、実際に渡さなかったりすることもありますが、離婚準備に入ったからといって、
まだ夫婦関係にある男女はともに、収入のある方が収入のない方の生活費などの手当をすることは、当然のことなのです。

 

しかし、現実問題として、収入がなくなってしまえば、支払う気持ちがあっても、支払いようがないことも事実です。
子どものために、失業などや、転職などで、収入が減ったりしないように、出来るだけ心掛けるようにしたいものです。